Event is FINISHED

『僕たちはヒーローになれなかった。』出版記念 47都道府県全国ツアー第2弾 葉田甲太×松本浩美×座間慶彦 @大阪

Description
『僕たちはヒーローになれなかった。』
目標10万部!出版記念 47都道府県全国ツアー 第2弾

葉田甲太(医師 NPO法人あおぞら代表)× 松本浩美(認定NPO法人Homedoor 理事 兼 事務局長)×座間慶彦(NPO法人 NGOクワトロ 理事 兼 事務局長/THE BONDS/株式会社DeNA)


「等身大の今の自分にできること ~ 社会人になってもNPOを続ける理由 」

日時:12月7日(土)18時15分~20時30分

場所:PC-MS心斎橋

アクセス:大阪府大阪市中央区東心斎橋1-15-27白水社ビル6F 4号室
   ●メトロ御堂筋線 心斎橋駅から徒歩3分。4-B・5・6番出口(最寄りは6番出口)。
     ※現在 大丸本館建設中のため、4-B出口をご利用ください。
   ●メトロ堺筋線 長堀橋駅から徒歩3分。7番出口をご利用ください。

入場料:2000円(当日支払い)
来場者様全員に『僕たちはヒーローになれなかった。』1冊+ポストカードを1枚プレゼントさせて頂きます。

人数:限定40名

タイムスケジュール:
18:15 開場
18:30~19:10 葉田甲太「行動すれば救える命について。」
19:10~19:20 休憩
19:20~19:50 松本浩美「限界を自分でつくらない〜社会課題と向き合うなかで〜」
19:50~20:30 トークセッション+質疑応答
トークセッションタイトル
「NPOとして働く」

<内容>
 ・NPOとしてなぜ働いているのか?
   - なぜ、NPOとしての活動を続けようと決心したのか?
   ※可能なら社会貢献をする人たちが悩む、お金とやりがいの話とかもしたい
 ・なぜ、活動を続けれないということが起こると思うか?
 ・続ける中での葛藤や悩みはあるか?
   - それを続けられているのは、なぜか?
 ・来てくれた人へのメッセージ


「僕たちはヒーローになれなかった。」
目指せ10万部全国ツアー。各地で2019年12月から2020年12月まで、日本全国で、対談形式でイベントを開催する予定です。

印税全額は、NPO法人 あおぞら を通して、命を守る活動に使われます。

映画化以降の8年間の苦悩、悔しさ、涙、仲間の大切さ、出会い。色々なものを詰め込みました。
色々と悩んでいる方、将来やキャリアに悩んでいる方に読んで頂ければ幸いです。
--------------------------------------------------------------------------------
向井理主演『僕たちは世界を変えることができない。』から8年ー。

映画化後、有名人の様にチヤホヤされた一方で
建設したカンボジアを再訪すると、
生後22日目の赤ちゃんを亡くして泣いてるお母さんがいた。

自分の無力さ、偽善、キャリアや、収入。
なぜ僕たちは働いているのか?

本当の幸せ、自分らしい人生と向き合いながら
カンボジアに病院を建設し、世界の果てに医療を届ける活動を広げるまで。



題名 僕たちはヒーローになれなかった。
出版社 あさ出版
発売日 2019年11月22日
価格 1430円


向井理さん
〜献身(ボランティア)とは何か
愚直に自分と向き合う医師の現在進行形の物語〜

感想 抜粋
上を向くとダイヤモンドのような星空が広がる 読了後涙が出てきた。 カンボジアに病院を建設し、赤ちゃんとお母さんの命を守りたい。 己の無力さと向き合いながらそれでも前に進む筆者の姿が胸を打つ。 僕も今現在無職となってしまい異様な虚無感を感じている。 その中でこの本に出会えたことを奇跡に思う。 何のために働くか?その問いに向き合える。 僕たちが日頃あーだこーだ言いながら働いているのは、 誰かの笑顔を守るからだ。

それでも「あなたはヒーローです」 カンボジアに「学校」を建てた著者が「医療センター」を設立するまでにいたった経緯が描かれています。 学校の継続状況を確かめに訪れたカンボジアで22日間で子を亡くしてしまった母親と出会い、新たな想いを産み進みゆく著者の姿は、原点の大切さ、継続する意味、がむしゃらさを教えてくれるようです。 もう一度言いたいです。「あなたはヒーローの一人です」



<著者>
葉田 甲太(はだ・こおた)

医師 NPO法人あおぞら代表。
1984年、大阪生まれ。日本医科大学医学部卒業。
2005年に150万でカンボジアに小学校が建つ事を知り、仲間と共に実現。その体験を綴った「僕たちは世界を変えることができない。」は2011年主演向井理さんで映画化。
2014年にカンボジアで新生児を亡くしたお母さんと出会い、2018年2月にカンボジアへき地に8000人の命を守る保健センターを建設。
2019年11月にクラウドファンディング1000万円を達成し、5万人の命を守るタンザニア病院建設プロジェクト開始。著書『僕たちは世界を変えることができない。』『それでも運命にイエスという。』 台湾や韓国でも出版され累計10万部。2018年地域支援大賞受賞。関西学院大学非常勤講師。


<第2弾 対談相手>
松本 浩美(まつもと・ひろみ)
ホームレス状態を生み出さない日本の社会構造づくりを目指す認定NPO法人Homedoor・事務局長兼理事。
2004年、12歳で釜ヶ崎を初めて訪れ、ホームレス問題を知る。
以降、日本の貧困問題について関心を持つようになる。大学で社会起業を学ぶ傍ら、
当時学生起業であったHomedoorの活動に参加するようになる。
関西学院大学卒業後も、専従スタッフとして活動に奔走し、現在に至る。1992年 大阪市生まれ


一言コメント
「この度は出版おめでとうございます。泥臭い情熱をいつまでも絶やさない葉田さんを、学生時代からずっとひそやかに尊敬していました。学生時代のつながりがこんな形でイベントになるとは思ってもおらず、当日どんな化学反応が生まれるのかとても楽しみです!」


座間 慶彦(ざま・よしひこ)
大阪府 箕面市出身。1993年生まれ。
2016年に関西学院大学卒業後、 株式会社DeNAに入社。
大学在学中にラオスへの教育を中心とした支援を行う学生団体「Infinite Connection」を立ち上げ、初代代表として活動。
2016年に株式会社DeNAに入社し、同年5月に特定非営利活動法人NGOクワトロに理事 兼 事務局長として参画。
現在はNGOクワトロ事業全体のマネージメントを手掛ける。
(NGOクワトロ HP:http://ngoquatro.org/)

また、同団体のパートナーであるTHE BONDSでも"製作した商品を通じて
お客様と、そしてそこから更に〝繋がり〟を広げ、発展途上国の方達への支援に繋げる活動を実施。
(THE BONDS HP:https://thebonds.shop/)


一言コメント
「 世界中を幸せにするとか、貧しい国をなくすとか、そんな力は僕らにはないかも知れない。
ただ、「何かをしなきゃ。少しでも助けたい。少しでも貢献したい その気持ちが一歩ずつ世界を良くする。」そう思っています。
僕は自分の活動で、関わる人が「少しでも誰かのためになる。誰かが救われる。」そんなことを作りたい。
今回は皆さんにとって少しでもそんな機会になればいいなと思っています!


【主催団体】
NPO法人 あおぞら
団体概要 
NPO法人あおぞらは葉田甲太を中心に2017年7月に設立されました。全ての命が大切にされ、その人らしく生きることができる社会を目指して「とどける」「ささえる」「つたえる」をキーワードに、カンボジア、ラオス、タンザニアで様々な支援活動を行なっています。
所在地 京都府京都市中京区手洗水町 647トキワビル 4-B
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#495631 2019-11-17 10:21:21
Sat Dec 7, 2019
6:15 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
大阪府大阪市中央区東心斎橋1-15-27白水社ビル6F 4号室
Tickets
入場券 FULL
Venue Address
大阪府大阪市中央区東心斎橋1-15-27 Japan
Organizer
『僕たちはヒーローになれなかった。』出版記念 47都道府県全国ツアー第2弾 葉田甲太×松本浩美×座間慶彦 @大阪
32 Followers

[PR] Recommended information